市販のカラー剤でセルフでイヤリングカラーと前髪インナーをしたお話。

カナダ生活
Pocket

こんにちは、あさおです。

 

長く海外に住んでいると必要になってくるものの一つが美容院だと思います。

 

特にわたしはブリーチをしているので定期的に髪を染めないと、とんでもないプリンになってしまいます。

 

そして現地の美容院に行くとうまく自分のやりたいデザインを伝えることができないこともあります。

 

初めてカナダで美容院に行った時に、日系ではないところに行ったらかなり上めのオン眉で前髪を切られ泣きそうになった思い出があります。

 

なので日本人オーナーの美容院に行ってしまいがちですがこれがとにかく高い+チップなのでそう簡単には行けません。

 

今回はバンクーバーで買うことのできる市販のカラー剤で自分で染めてみたのでシェアしたいと思います。

 

セルフカラーをするのに用意するもの

 
 
・カラー剤(ブリーチ剤1つと毛量が多いのでカラーの方は2つにしました)
・アルミホイル
・汚れてもいい服
・汚れてもいいタオル
・ブロッキングするためのゴムとピン
 
あと気になる人は耳にカラー剤がつかないようにサランラップでカバーしたり、生え際にも色がついてしまうこともあるのでヴァセリンなど用意したほうがいいと思います!
 

セルフカラーに挑戦

 
早速染めていきます。
 
 
ちなみに染める前はこんな感じ。色落ち+プリンでだいぶ汚いです。
 
なのにインナーに入れた青はかなり残ってるのでいかにこれを消せるか苦戦しそうです。
 
 

まずは全体を暗くします

 
残っているインナーの青が消えてくれることを期待して、全体を黒く染めます。
 
美容師さんのようにブラシで染められる自信がなかったので、泡タイプにしました。
 
 
シェイカータイプでしか髪を染めたことなかったので本当に泡が立つのか不安でしたが、意外としっかり立ってくれました。
 
 
泡タイプなので染めやすい♪
 
 
そこまでロングではないので1つで足りるかなと思ったけどやはり2つ使いました。
 
このまま20分待機します。
 
 
20分経ちました。
 
 
泡も白から暗くなっていますね\( ˆoˆ )/
 
 
洗い流したらこんな感じでした。
 
割と綺麗に染まったのではないかなと思っています。
 
残念ながらインナーの青は紺色ぽくなってしまいましたが想定内なのでOKです。
 
 

イヤリングカラーと前髪インナーのためブリーチします

こんな感じでブリーチしたいところをブロッキングします。

 

コツは前髪を上下に分けて、イヤリングカラーのところはこめかみから耳の上まで分けると綺麗にブロッキングができますよ。

 

ブリーチ剤はこっちのものを使いました。

 

泡立てタイプのものではないですが、一部分なのでこれで十分です。

 

日本にいた頃はブリーチをセルフでしたことがないのですが、こっちではいくつかの種類があるらしく、わたしは1番明るくなるものを使用しました。

 

ブリーチを塗り、アルミホイルで覆います。

 

これも塗り終わってから20分ほど待ちます。

 

人によって色の抜け具合や髪へのダメージが違うと思うのでブリーチ剤を落とす前に確認してみることをおすすめしますよ〜。

 

ちなみにわたしは4回ブリーチをしました。

 

完成☆

一旦は暗くなったインナーカラーも最初より明るくなって戻ってきました。

 

思ったよりいい感じだなと思ったけど、前髪インナーとイヤリングカラーの色が違うのが気になります。

 

おまけのマニックパニック

セール中だったので購入しました。

 

マニックパニックのレッドパッションです。

 

塗る時はブリーチした時と同じようにブロッキングをしてアルミホイルを巻き20分ほど待ちます。

 

思った以上に色が強くて1度手につくとなかなか落ちてくれなかったのでかなり苦戦しました。

 

完成形です。

 

嬉しいことにインナーで入れていた青もしっかりと消えてくれていました。

 

レッドパッションという名前ですが赤寄りのピンクという感じでキツすぎない色になったので嬉しいです。

 

マニックパニックは2週間ちょっともすれば色落ちするので、他の色に変えてみたり楽しみです。

 

ちなみに前髪のアップ。お気に入りです。

 

最後に

ド派手に見えますが前髪の隙間からさりげなく色が見えてくれるのでとてもかわいいです。

 

また、イヤリングカラーも耳に髪をかけて初めて見えるものなので挑戦しやすいのではないかなと思います。

 

なにより、頭全体をブリーチなどしなくてもいいのでお手軽にセルフでできるのでおすすめですよ〜!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました